非侵襲性結腸運動モニタリングシステム (Japanese)

2017
  • Patent  /  Electronic Resource

How to get this document?

非侵襲性結腸運動モニタリングシステムは、生体電気インピーダンスユニットと、筋電図ユニットと、演算装置とを備える。生体電気インピーダンスユニットは、対象の身体のインピーダンスを測定し、測定されたインピーダンスに応じて変化するインピーダンス信号を通信する。筋電図ユニットは、対象の身体の電圧を測定し、測定された電圧に応じて変化する電圧信号を通信する。演算装置は、インピーダンス信号を受信し、インピーダンス信号からインピーダンスデータを決定し、電圧信号を受信し、電圧信号から電圧データを決定し、インピーダンスデータからインピーダンスの導関数データを演算し、インピーダンスデータ、電圧データ、およびインピーダンスの導関数データのうちの任意の2つの間の相関を演算し、この相関に基づいて腸事象が発生しようとしている時期を判定し、腸事象の表示を提供するようにプログラムされた処理素子を含む。【選択図】図1

A non-invasive colon motility monitoring system comprises an electrobioimpedance unit, an electromyography unit, and a computing device. The electrobioimpedance unit measures an impedance of a body of a subject and communicates an impedance signal that varies according to the measured impedance. The electromyography unit measures an electric voltage of the body of the subject and communicates a voltage signal that varies according to the measured voltage. The computing device includes a processing element programmed to receive the impedance signal and determine impedance data from the impedance signal, receive the voltage signal and determine voltage data from the voltage signal, compute impedance derivative data from the impedance data, compute a correlation between any two of the impedance data, the voltage data, and the impedance derivative data, determine when a bowel event is about to occur based on the correlation, and provide an indication of the bowel event.

  • Title:
    非侵襲性結腸運動モニタリングシステム
  • Patent number:
    JP2020531082
  • Application date:
    2018-08-17
  • Patent family:
  • Publisher:
    Europäisches Patentamt
  • Year of publication:
    2017
  • Type of media:
    Patent
  • Type of material:
    Electronic Resource
  • Language:
    Japanese
  • Classification:
    IPC:    A61B Diagnostik, DIAGNOSIS
  • Source:
  • Export:
Feedback